プログラム内容

個別のトレーニング
脳バランサーキッズ

楽しいミニゲームを行うだけで、お子様の認知機能が測定できます。
専門家チームで検証した13種のミニゲームでお子様の得意や苦手を分析。
測定結果をもとに、お子様一人ひとりの発達の特性、偏りに合わせた支援を行います。保護者様へは定期的に測定結果のレポートを提出。お子様の発達指数や発達年齢の変化をグラフと表を用いてでわかりやすく保護者様へお伝えします。

監修者・橋本圭司(国立成育医療研究センター)

『良い面を伸ばそう』

脳バランサーキッズは、お子様が「何ができないのか、苦手なのか」を見つけるために用いるのでなく「何ができるのか、得意なのか」を見つけ、その良い面を更に伸ばすために活用していただきたいと考えています。使い方としては、できないタスクばかりに取り組むのでなく「できるものも含めて、バランスよく」取り組むことをお勧めします。

体験・見学
脳バランサーキッズの使用画面
ソーシャルトレーニングの様子

社会性を育むトレーニング

ダンスのステップを覚えることで思考力や集中力を向上させると共に仲間と協力してダンスパフォーマンスをつくりあげていくことでコミュニケーション能力や認知能力を育み、集団活動における表現の仕方など社会性を自然に育みます。

一日の流れを見る
体を動かすトレーニングの様子

体を動かすトレーニング

発達障害のお子さんは、無意識レベルで不安や緊張を常に感じており、身体がかたいことが多いと言われています。過緊張状態は、衝動性の出現や不器用さやスムーズな動きが難しいなど、運動に対して不安や自信を無くすことにつながります。音楽に合わせてストレッチを行うことで、楽しみながら継続しやすいプログラムを提供します。

一日の流れを見る

リズムトレーニング

放課後は宿題や課題への取り組みが中心になるお子さんも少なくありません。ダンスは、楽しく身体感覚、バランス感覚、体性感覚、空間認知、表現力の向上など、身体が同時に複数処理を行う効果で脳が活性化する環境を提供します。

体験・見学
リズムトレーニング